読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

藤宮史の二番煎じなアートな気分

手軽で笑える現代美術的なことをやって、不定期に掲載します。

第9回 なんでもアイロン プリント・アート

                  はじめに

 ここ15年ほどの私の創作活動は、猫の木版画制作や木版漫画制作がおもな仕事になっていた。しかし、これからは現代美術的な匂いのする「藤宮史の二番煎じなアートな気分」もときどきやりながら版画制作もやってゆきたいと思う。

                 ✤✤✤ 今回の提案 ✤✤✤

 今回も、「文学Tシャツ」のときと同様にTシャツにアイロンプリントを貼ってゆきたい。しかし、貼るものは文学から離れて、どんなものでも、なんでも貼って、このTシャツを見た人が、変だな、びくっくりしたな、面白いなと、思ってくれたらいい。

  

  こまったTシャツ

  実際につくってみる

 まずアイロンと、アイロンプリントシートを用意する。(前回とおなじである。)

f:id:fuhito_fujimiya:20150227181614j:plain

f:id:fuhito_fujimiya:20150227181631j:plain

このアイロンプリントシートはパソコンのプリンターで印刷できる。

f:id:fuhito_fujimiya:20150227190053j:plain

アイロンをかけるのはおなじなので、画像もおなじものである。

 

f:id:fuhito_fujimiya:20150307005601j:plain

 Tシャツの上に、コンビニ袋が置いてある。・・・・・ように見えるが、実はコンビニ袋をデジカメで撮影し、アイロンプリントシートに印刷して、アイロンで貼りつけたものである。

f:id:fuhito_fujimiya:20150307010839j:plain

しかし、画像を見るかぎりコンビニ袋が置いてあるようにしか見えない。

f:id:fuhito_fujimiya:20150307010705j:plain

ハンガーにつるしてみると、コンビニ袋がアイロンプリントであることがわかる。

 

 また、こんなものをやってみた。

f:id:fuhito_fujimiya:20150307011835j:plain

揚げたてのコロッケにソースである。

f:id:fuhito_fujimiya:20150307012146j:plain

だいぶ目が慣れてきて、なんとなくコロッケがプリントされているのがわかる。

f:id:fuhito_fujimiya:20150307012330j:plain

ハンガーにつるしてみれば、一目瞭然である。

 

 次は、溶けたチョコレートである。シャツにチョコレートをつけたりしたら、どれだけ怒られるかわからない。が、これもプリントである。

f:id:fuhito_fujimiya:20150307015259j:plain

布地がゆがんでいるため、チョコレートもぐにゃりとなっている。

f:id:fuhito_fujimiya:20150307020029j:plain

Tシャツの全体像である。

 

 また、次は、ポテトサラダである。

f:id:fuhito_fujimiya:20150307045108j:plain

残念ながらポテトサラダに立体感がない。

f:id:fuhito_fujimiya:20150307045403j:plain

遠目にみると、すこしポテトサラダ感が復活している。

f:id:fuhito_fujimiya:20150307045535j:plain

あんまり離れて見ると、判別不能になる。ふつうシャツにポテトサラダの組み合わせはないので判らなくなるのだろう。(ちなみにTシャツがなくなり、長袖のシャツになっている)

 

 ポテトサラダを食べたら、また揚げものが欲しくなる。

f:id:fuhito_fujimiya:20150307050305j:plain

こんがり揚がったイカフライである。

f:id:fuhito_fujimiya:20150307050357j:plain

シャツと合っている。

f:id:fuhito_fujimiya:20150307050500j:plain

意外とグットデザインである。けっこういい。

 

 ・・・・・・・・まだまだ、なんでもアイロン プリント・アートはつづく。

 

 

藤宮史 (フジミヤ フヒト)

1964年生まれ 版画家、漫画家

 平成17年(2005年)第7回アックスマンガ新人賞を受賞する。また第12回、13回、17回の文化庁メディア芸術祭において審査委員会推薦作品に選出される。1999年から2002年の三年間、漫画家の永島慎二氏の銅版画制作の助手をつとめる。